<< 麺座でん | main | とろこくチャーシュー ごとく >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク | 人気blogランキング |

チャーシュー家 十兵衛

十兵衛
チャーシュー家 十兵衛「巧み細麺」680円
東京都江東区門前仲町2-6-1
月〜金 11:30〜14:30 18:00〜深夜1:00
土日  11:30〜スープ売り切れまで

門前仲町駅近くにすごくいい店がありました。
はじめ見たときは「チャーシュー屋」と書いてあるので、
あぶりチャーシューのみをウリにした、安易な店かと思ってしまいましたが、店頭の写真からはメッセージが読み取れます。
この店は旨いはずだと。そして、青葉系だと(笑)。

店頭の写真が新商品の細麺だと知り、さっそくそれを自販機で購入。
細麺は嫌いだが、スープと麺は一心同体。
店主はきっと、スープに合わせるため、泣く泣く細麺をチョイスしたのだ。そう言い聞かせて、「巧み細麺」が来るのをまつ。

スープを見てびっくり。なんだか知らないが気迫を感じる。
「うまい」
よくあるダブルスープなのだが、実に深い旨味がでているのだ。
それもそのはず。
鶏や豚のスープにうるめ鰯や肩口鰯の煮干、本鰹、宗田鰹、サバ、ムロアジの節、カキ、カニ、ホタテ、ハマグリ、アサリ、コンブ、果実、野菜のスープに、数種類の醤油とモンゴル塩、赤穂の塩、漢方数種類のタレを加えたらしい。
まあ、よくこれだけの具材をいれてバランスをとれるものだ。
そして、「チャーシュー屋」というだけあって、あぶりチャーシューもそこそこいい。
麺も国産内麦100%とのこと。湯きりがあまいのが気になるが、そこそこの麺。

残念なのはちょっと濃いことかな? もっとあっさりしたほうが、贅沢な材料の良さを引き出せる気がする。個人的な好みの問題ですが。
でも、このスープは確かに「巧み」と言うにふさわしい。

4/17 前回はかなり旨いと思ったのだが、なんだかあれから味が変化したのか、自分の味覚が変わったのか、もう旨く感じなくなってしまった。ただのしょっぱいラーメンになっているように感じた。残念。また、以前のような感動を味わいたい。
posted by: R | 東京/門前仲町 | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク | 人気blogランキング |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 12:31 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク | 人気blogランキング |
コメント
 









トラックバック
 
http://japan.jugem.cc/trackback/131