<< 屯ちん蕨店(とんちん蕨店) | main | 一作 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク | 人気blogランキング |

ラーメンマルジ(○二)(二郎)北浦和店

この頃、体調が悪いので(麺の食い過ぎだからでは無いはず)、にんにくを食べたく、二郎にいってみることに。

二郎といってもマルジのほう。

よく分からないのだけど、三田から出た赤羽店の系列がマルジってことでしょうか?

駐車場にとめないと駐禁危ないみたいなので。店頭に張り紙ありますよ。



きた。肉肉肉肉肉肉肉肉肉。
豚いり。950円だったかな?


生にんにく50円と唐辛子をどばっとしたところ。

肉肉しい。
麺はいつもとおりゴワゴワ。
共食したS氏曰く、「ちくわぶのようだ」

絶妙な表現。
そうそう、それです。まさに。

あぁ、やさい増しのタイミングを逃した・・・。

まぁ、どうであれ、いまいち解らない注文状況を醸し出す料理店というものは、個人的には絶対NGでありますよ。
接客業やサービス業にあってはならないと思ってますよ。
郷に入れば・・・なんて言葉を使うのは無しね。

というわけで、興味本位でこのお店に訪れたときは、「にんにくいれますか?」ときかれたときに、「やさいましまし」と声高らかに宣言してください。

で、驚いてください。

ちなみに、食中か食後に、「キマス」。

個人的には一味ドカ盛りが好きです。
posted by: M | 埼玉/さいたま・浦和 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク | 人気blogランキング |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 00:59 | - | - | このエントリーを含むはてなブックマーク | 人気blogランキング |
コメント
 









トラックバック
 
http://japan.jugem.cc/trackback/172